車のある人生、私はこれからどんな車に乗るのだろう

サイトマップ

車

ディーゼルエンジンは最強のエンジンです。

燃費も良く、二酸化炭素の排出量も少ないディーゼルエンジンが人気を伸ばしています。
大メーカーとは言い難い中小規模の自動車メーカーが作り上げた新技術で、ディーゼルエンジンが身近なものになってきています。

従来のディーゼルエンジンは、排気ガスの規制の関係で尿素タンクを乗せる必要がありました。
実際に乗せて走っている自動車も存在しますが、維持費の高さもありあまり普及しているとは言えません。

しかし、新型のディーゼルエンジンは、このような大仰な仕掛けが必要なく、普通のガソリンエンジンのように走ります。
また、ディーゼルエンジン特有のカラカラ音も随分とカットされており、排気ガス自体もトラックのような臭いがあまりしません。
それどころか、排気ガス自体の色も無色透明でガソリンエンジンと見分けがつきにくい程になりました。

また、最近はガソリン価格が高くなりましたが、ディーゼルエンジンの燃料である軽油はガソリンより安価です。
また、スパーグプラグを使用せずに爆発させるというエンジンの特性から、同一のガソリンエンジンより出力も強く燃費もいいという利点があります。

少し試乗してみると、ディーゼルエンジンとは信じられないほどの静かさと、ひとたびアクセルを踏むと背中を蹴り飛ばされるような加速の両方を味わうことができます。

MENU